• STAR-Liteとは
    テストリポジトリにテスト関連情報を集積してリポジトリからテストスクリプト
    を自動生成でき、効率的に自動テストできるテスト自動化ツールです。
    Selenium (OSS)を活用してWebアプリケーションをテストできます。
  • STAR-Liteの特徴
    ・技術者ばかりではなく、ユーザにも使えるテスト自動化ツールです。
    ・テストリポジトリ方式のツールであり、画面操作をしてスクリプトを
     記録する作業が不要になります。
    ・プロジェクト、チーム、担当者、テスト情報などが一元管理されます。
    ・データ検証のコマンドが提供され、検証用プログラミングが不要です。
    ・Selenium (OSS)を活用するので、リーズナブルな料金になっています。


What's New



  • 2016年8月に、STAR-Lite V3.2_R3にテスト仕様書作成機能を追加しました。
    ・テスト仕様書作成の工程をシステム化しました。
     機  能:テスト項目、テストケース、テストシナリオの作成をシステム化し、
          操作、データ、シナリオの登録作業がほぼ自動化されます。
     メリット:テスト仕様書作成の効率化と情報共有化が進みます。
          その結果として、テスト対象システムの品質が向上します。
     その他:この機能はオプション機能として提供します。


  • 2016年7月に、STAR-Lite V3.2_R3をリリースしました。
    ・CSV出力データを検証できるCSVCOMPコマンドを追加しました。
     機  能:CSV出力データを自動テスト時に期待値として保存し、システムの
          改修後の自動テストでは実測値として保存します。CSV出力データ
          の期待値と実測値を比較して検証することができます。
     メリット:CSV出力データの検証が自動化され、テスト検証効率が上がります。


  • 2016年1月に、STAR-Lite V3.2_R1をリリースしました。
    ・帳票出力データを検証できるPDFCOMPコマンドを追加しました。
     機能:PDF出力データを期待値として保存し、自動テスト時の検証に活用します。
     メリット:伝票や帳票などのPDF出力データの検証が自動化されます。
    ・テスト仕様書作成(フェーズ1)の機能を提供します。
     機能:EXCELで作成したシナリオをテストリポジトリへ直接に取り込みます。
     メリット:操作、データ、シナリオなどの登録操作が不要になります。


  • 2015年9月に、STAR-Lite V3.1 R6をリリースしました。
    ・画面表示内容を検証する項目が大量になる場合に対応できるMultiCOMP
     コマンドが利用可能になりました。これによって期待値の設定、実測値の
     取得、期待値と実測値の検証、などの処理を自動化できるようになりました。
    ・操作情報を登録するときに、画面イメージを参照できるようになりました。
     画面イメージ上の項目を選択すると、画面項目一覧の該当項目の背景色
     が青色表示される機能により、登録作業の効率が上がります。
    ・メニューにガイド機能、全ての画面にヘルプ機能を搭載し、
     システムの分かり易さ、使い易さを向上しました。


  • 2015年3月に、STAR-Lite V3.1をリリースしました。
    ・テストリポジトリ(サーバ側DB)に全てのテスト関連情報を登録し
     管理できる仕組みとし、ファイル形式の情報による複雑性を解決しました。
    ・外部からの取込情報は画面定義情報の1ファイルのみとし、
     取込情報を簡素化しました。
    ・テストスクリプトを連続的に実行するために作成するファイルを、
     画面操作で簡単に作成できる仕組みにしました。
    ・テストリポジトリにあるテストスクリプトを選択すると即自動実行され、
     クライアント側操作が不要になりました。


  • 2014年10月に、STAR-LiteのV3.0をリリースしました。
    ・STAR-PanelにSTAR-Lite関連の全機能の起動及びマニュアルなどの資料の
     参照ボタンを一覧画面にし、これらの実行を容易にしました。
    ・全プロジェクトのテスト情報を管理するために、プロジェクト管理機能を追加しました。


  • 2014年3月に、STAR-Lite V2.2をリリースしました。
    ・TSTで実行したコマンドが、実行エラーやタイムアウトした場合に操作を
     リトライさせる機能を追加しました。
    ・EXEコマンドにて外部スクリプトの指定範囲をexe,Shell,vbscriptに拡大しました。
    ・TSTをコマンドラインから実行可能にし、ジョブスケジューラやJenkinsなどから
     起動できるようになりました。


  • 2014年1月に、STAR-Lite V2.1をリリースしました。
    ・画面上に同一構成の複数オブジェクトが存在する場合に
     処理対応できるSL系コマンドを追加しました。
    ・ファイルのアップロード用やダウンロード用のコマンドを追加しました。
    ・テーブル表示された複数レコードから、該当レコードを選択し該当列にある
     データ処理機能を追加しました。


  • 2013年10月に、STAR-Lite V1.8をリリースしました。
    ・OFDによる画面情報の取得機能に、オブジェクトを個別に取得できる
     ポインタ機能を追加しました。
    ・テストシナリオ間でデータをやり取りできるBuffer数を512にし、
     Buffer演算機能を追加しました。
    ・TSTにテスト結果参照機能を追加し、ログ、ショット、入力情報を
     ボタン押下で参照可能になりました。


  • STAR-Liteのバージョンアップ
    2013年2月に、バージョン1.2にリリースアップしました。
    Webアプリケーションのテスト自動化の機能において、
    STAR-ATTとほぼ同様の機能をもつに至りました。


  • STAR-Liteのバージョンアップ
    2013年2月に、バージョン1.2にリリースアップしました。
    Webアプリケーションのテスト自動化の機能において、
    STAR-ATTとほぼ同様の機能をもつに至りました。

  • STAR-Liteのリリース
    2012年10月に、STAR-Liteバージョン1.0をリリースしました。

  • STAR-Liteとは
    STAR - Lite = [ TAD - Lite ] + [ TST - Lite ]
  • TAD-Liteとは
    設計情報取得からテストスクリプト作成までの処理を行います。
  • TST-Liteとは
    テストスクリプトを読み、Seleniumに連携して、
    自動テストを実行します。

Page top